てんてこまいまい

大人が楽しめる本当に面白い上質なアニメをまとめるサイト

「三ッ星カラーズ」感想

f:id:wossan68:20190106125314p:plain

©2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 

三ッ星カラーズは、2018年冬(1-3月)に放送された漫画原作のアニメ、全12話。上野を舞台に女子小学校3人(結衣、さっちゃん、琴葉)が、街の平和を守る為に結成した組織「カラーズ」の活躍(と言うか日常)を描いた作品。

 

「上野の公園にひっそりと佇むアジト。そこにいるのは3人の小学生の女の子たち――。そう、彼女たちこそ上野を守る正義の組織「カラーズ」!! 結衣、さっちゃん、琴葉の3人は今日も平和な上野の平和を守るため、日夜(嘘、夕方まで)街を駆け回るのである!!」

TVアニメ「三ツ星カラーズ」公式サイトより引用

 

ジャンル&キーワード

  ギャグ/コメディ、日常、ほのぼの、子供

お勧め度

  ★★★★☆(星4)

こんな人にお勧め

  ギャグ物が好きな人

  かわいい子供に癒されたい人 

 

mitsuboshi-anime.com

 

 

目次

 

 

総評

 面白い。をっさんは子供物好きなので(変な意味ではないよ)、補正がかかっているかもしれないが、文句無く面白い。

「よつばと」とか「苺ましまろ」が好きな人にはピッタリ。姪っ子と遊んでてかわいいなーと思うそんな作品。

日常系なので、特にストーリーは無く、毎回2,3話のショートストーリーで構成されている。

 カラーズのリーダー結衣(赤)は、素直で真面目、泣き虫な優しい子だけど、天然で毒を吐いたり、怒るとちょっと怖い。

さっちゃん(黄)は、とにかく明るく元気なおてんば娘。ちょっと行動がおてんばを超えている事もある。いつも「うんこ」言ってる。一歩間違えるとクソガキ。

琴葉(青)は、冷静で頭がいいが危険思想っぽい発言が多く、サイコパスな感じ。そしていつもゲームしている。実は打たれ弱い。

この三者三様のバランスが絶妙。基本さっちゃんが子供らしく暴走し、琴葉がそれに輪をかけ、結衣がツッコむ(ツッコめてないけど)。

「私達はカラーズ」ってポーズ決めるんだけど、いつもバラバラw。最後はカラーズが完全勝利(?)して終わる。

 登場する大人達は、みんな温かく、カラーズの事が大好き。

おやじと斎藤が凄く良い味を出している。おやじはカラーズの味方、斎藤はカラーズの敵という立ち位置。大人が子供たちの行動を優しく見守ってる世界で、とても優しい世界。最高にいい雰囲気で温かい気持ちになる。

 あと、OP、ED曲両方とも結構よかった。

 

各話ストーリー&感想(ネタバレあり)

 

第1話「カラーズ」

パンダ猫を探す話、おやじから貰った武器で斎藤を倒しに行く話、金庫のお宝を貰う為に暗号を解読する話。最初に出てくる、さっちゃんの変な眼鏡「びよ~ん」ってシーンからして面白い。斎藤に怒られて泣いちゃう結衣ちゃんがかわいい。おやじも斎藤もカラーズ大好きだよなw。

 

第2話「かくれんぼ」

カラーズがかくれんぼする話、立ち入り禁止の謎を解く話、納豆で池を綺麗にする話。かくれんぼしてるの忘れて、隣の駅まで行ってしまうさっちゃんと琴葉。まあ、子供あるあるな気もするけど、赤に厳しいw。池を綺麗にするには人類を全滅させるしかない、池を綺麗にするのをあきらめて、人類の平和を守り完全勝利するカラーズ。うむ、完全勝利・・・だなw。「しか」「カメムシ」のしりとり子供やりそう。

 

第3話「チュカブる」

売れ残りのバナナを売る話、おやじが作った爆弾の解除をする話。結衣が泣きながらバナナ売ってるが、反則だろー、あんなの買ってしまうわ。バナナの売り方が三者三様で特徴的。街の人達カラーズに優しいよな。バナナを売ったご褒美はチューチューカブリラの着ぐるみ。あんなの流行ってるのか、子供の世界はわからん。

 

第4話「なつまつり」

ののかから依頼されてササキのパン新商品を試食する話、夏祭りの話。ののかと事件レベルの話してるけど、レベルの定義がガバガバ過ぎてわからんw。ののかもかわいいよね。夏祭りでパレード見てるさっちゃんが、「ハゲだ!」「ハゲなのにパレードでる勇気」とか言っててハゲに厳しい。

 

第5話「どうぶつえん」

おやじから貰った古い遊び道具で斎藤と遊ぶ話、どうぶつ園に行く話。けん玉で紙飛行機撃ち落としてニッコリな琴葉、かわいい。まあ、そういう遊びじゃないんだが。古い遊び道具が楽しくなく、結衣が「おやじ子供の頃楽しくなかったって言いたかったのかな?」って、違うそうじゃないw。メンコとか充分楽しかったけどなー、今の子にはわからんか。

 

第6話「弱点さがし会ぎ」

食べられる雑草を探す話、カラーズメンバー弱点探し会議の話、上野の街で写真を撮る話。弱点さがし会議で、ついに明かされる琴葉の秘密・・・、お前ゲーム下手なのかよ!!それを、しれっと言う結衣・・・、天然って怖いわw。さっちゃんが一番周りに気を使える子だったとは。最後にマリオが死ぬSEが一瞬流れるとこ笑える。西郷さんが痴漢で盗撮魔にされてて、鹿児島県民から苦情来るんじゃないか?

 

第7話「トリック オア トリート!」

ゴミ集めの話、銀杏集めの話、ハロウィンゾンビゲームの話。琴葉に「友達いないの?」と言われ、怒った結衣が怖い、怖すぎるぞ。琴葉のゲームをクリアしてしまうとは悪魔の所業か!そして、ハロウィン。仮装した3人が可愛すぎる。結衣の「今年の私はちょっと大胆!」くっそ・・・爆笑してしまったじゃないか。

 

第8話「はくぶつかん」

新メンバーを探しに博物館に行く話、福引の話。福引のバイトとさっちゃんの会話が笑える。「なんで福引?趣味か?趣味か?」「いや趣味じゃないです」「趣味じゃないのにかよ・・・」なんだその会話w。結局バイトの説明聞いてないしw。ポケットティッシュアタックで綺麗にオチがついてて面白い話だった。

 

第9話「ワンコインさっちゃん」

ワンコインさっちゃんと武器を買いに行く話、初詣に行ってモノクロ大佐を尾行する話、タイムカプセルを埋める話。髪結んでない結衣ちゃんかわいい。タイムカプセルを渡されたおやじがすごく嬉しそう。まあ、あれは嬉しいよな。やっぱり、子供が子供して、大人が大人してる良い作品だ。

 

第10話「雪すぎる」

斎藤と雪合戦勝負する話、「バレてるぞ」と書かれた絵馬の謎を解く話、黄瀬フルーツから招き猫を盗んだ犯人を捜す話。おいおい、雪合戦の玉の中にホントにうんこ入ってるじゃねーかw。神社に行く途中、斎藤にセクシーアピールして、無視されて本気蹴りするさっちゃんは乙女だな。神社では、やっぱりハゲに厳しい。事件解決までに一度しかしゃべらないというさっちゃん。スタートした直後の「うんこ」は爆笑した。最後の「かわいかった?」と聞くさっちゃんに、「ふつう」と答える結衣。結衣の黒さが増してないか?さすが天然だ。

 

第11話「ハイパーかくれんぼ」

ののかの花粉症を直す話、トランシーバーを使ったハイパーかくれんぼをする話。かわいいくしゃみをしたさっちゃんへの、結衣の対応がそっけない。さっちゃんのかわいい関係は全てスルーする結衣、笑える。ののかのくしゃみを止める方法が・・・酷い、爆笑した。カラーズに説明するのが面倒になり「ののは嘘つきです」と言うももか。ののかへのとばっちりが酷いw。ハイパーかくれんぼ中に、斎藤が二人の居場所をバラすシーン。結衣の対応がまじめすぎて面白い。やっぱり結衣ちゃんは良い子だ。

 

第12話「カラーズと街とひとびと」

カラーズが街を紹介する動画を作る話、用事を忘れて公園で遊ぶ話、お花見してる人に苺を売る話。是非、動画のチャンネル登録がしたい。お花見の話は、登場人物総出演で、まさに最終回という感じ。

 

 もっともっとカラーズの活躍を見ていたいので、原作のストックがどれほどあるのか、ちょっと分からないけど、是非二期の制作をお願いしたい。