てんてこまいまい

大人が楽しめる本当に面白い上質なアニメをまとめるサイト

2019年冬アニメ1話を視聴した感想

2019年冬アニメ23作品の1話を見終わったので、見た感想をまとめおきます。

なんか、予想外に面白い作品が多かったので、期待できるクールになりそう。

 

 

目次 

 

 

 

面白かった

「荒野のコトブキ飛行隊」

空のガルパン。戦闘機の描写が細かくて凄い。ガルパン同様ミリオタ歓喜だと思う。1話はドンパチやって終わってしまったので、全体の世界観とか、ストーリーの方向とかはわからず。戦闘シーンは動きとか音響とか良いけど、敵と味方の区別がいまいちつかないのが残念(ガルパンも最初はそうだったので、そのうち全部の区別が付くようになるかもね)。メインキャラはCGなので、今回は万策尽きる事ない事を祈る。 

 

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」

恋愛は戦!告白した方が負け。高すぎるプライドが邪魔をして相手に告白できない男女が、相手に告白させるべく権謀術数の限りを尽くした頭脳戦を行う恋愛コメディ。やばい、大好きな設定だ。開始直後の設定の説明から面白い。OPの鈴木雅之や、定番恋愛物で聞いたことがあるようなBGMも最高。天然ちゃんが最強って事が分かった。ちょっとナレーションが多すぎてクドイのが難点。

 

「私に天使が舞い降りた!」

オタクで人見知りな女子大生みやこが、小学生の妹の友達と仲良くなる為にあれこれ画策するコメディ。GRIDMANのアカネちゃんが怪獣オタクから、幼女オタクになって帰ってきた。前クールの「うちのメイドがウザすぎる!」と同じノリだけど、うざメイドは色々スペックがぶっ飛んでたからもうちょっと落ち着いてる感じがする。この手の作品に重要なテンポと作画は良かった。

  

「ケムリクサ」

たつき監督作品で独特な世界観の3DCGアニメ。謎が多い世界でよくわからないけどワクワクできる。 廃墟、赤い霧、よくわからない敵、人間っぽいけど人間ではなさそうなキャラ達、そして本当の人間?っぽい人の登場。面白いね、続きが早く見たい。

  

「revisions」

SFロボ物の3DCGアニメ。1話の掴みはバッチリ。謎の人物ミロ、突然起きる異変、ロボに乗る主人公、300年後に転送された街・・・結構王道っぽい作りだけど引き込まれる。でも、主人公のキャラが痛すぎないか?ヤル気満々なシンジ君みたいだな。

 

「約束のネバーランド」

なかなか衝撃的な第1話。子供達、孤児院、出てはいけない柵とか、昔あったアイランドって映画みたいなクローンの話なのかなと思ったけど違うみたいだ。進撃の巨人みたいな、残酷な世界での話なのかな。世界がどうなってるのか、今後の展開が楽しみ。

 

「五等分の花嫁」

1人の貧乏男子高校生が家の借金返済のために、金持ち五つ子女子高生の家庭教師を務めるという青春ラブコメディ。ヒロインの5人よりも妹ちゃんが健気でかわいい。ドタバタラブコメは好きなので期待してる。

 

「ドメスティックな彼女」

想いを寄せる先生と、行きずり初体験の相手が同時に家族になるって昼ドラとか韓国ドラマのような展開。最後も家政婦は見たみたいになってるし。ドロドロ三角関係になりそうでワクワクする。

 

「けものフレンズ2」

色々と話題を振りまいてくれた「けものフレンズ」の2作目。1話は1期1話と構成が非常に近い。なんだろう、ここまで寄せなくても良かったんじゃないの?って気もする。ある意味、無難で普通な感じ。淡々とはじまった感じだけど、1期1話もなんじゃこりゃって感じだったので、今後の展開に期待。PPPとアルパカの次回予告がかわいくて良かった。

 

  

まあまあ

「えんどろ~!」

はい、かわいい。かわいいは正義って事で。ファンタジーRPG世界の日常もの。ギャグはまあ普通、面白くもつまらなくもない。兎に角、頭ゆるゆるにしてかわいいなーと楽しむ作品かな。

 

「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」

極度の人見知りである作家の青年と、彼が拾った猫を中心とする生活を描いた作品。青年が主人公で話が進み、途中から同じ話を猫側視点で見る事ができる。正直、青年側の話は特に面白くもなかったが、猫側視点になった時が凄く面白かった。猫がもうちょっとかわいいデザインなら良かったのにと思う。

 

「ぱすてるメモリーズ」

漫画やアニメ作品が衰退した世界。ウイルスに作品世界を破壊されると、みんなの記憶や思い出からその作品が消えてしまう。作品世界に行きウイルスと闘って作品を守れ!って事らしいけど、1話は本探して終わった。掴みとしてはあまり面白くない。作品世界もその作品知らないといけないので、完全にアニメを良く見てる人向けだと思う。

 

「ブギーポップは笑わない」

1話2話一挙放送だったが、とにかく時系列がよくわからなくて意味不明。話が進むにつれ全貌が明らかになるタイプなのだろう。キャラデザがリアル路線で区別が付き難く、誰が誰だか分からないのも意味不明に拍車をかけている。アニメでピンク髪、緑髪、青髪とかにするのは重要な事だなと再認識。この作品の雰囲気には合わないからしょうがないけど。メジャーなタイトルなので今後に期待している。

 

「魔法少女特殊戦あすか」

シリアス魔法少女物。最近魔法少女はシリアスばっかりだな。魔法少女としての戦いが終わった後、今度は犯罪組織等と戦う設定。人間相手なら魔法少女である必要あるのか?これ。

 

「賭ケグルイ××」

1話の構成はどうなんだろう?途中で1期総集編PVみたいなの流れてるし、製作者の意図がよくわからん。でもまあ、相変わらずの顔芸で安心した。1期はイカサマギャンブルばっかりだったけど、たぶん2期も同じよね。1期が好きだった人には引き続きお勧めかな。

 

 

いまいち

「サークレット・プリンセス」

サークレット・バウトという未来のスポーツに青春をかける少女たちの物語。サークレット・バウトという競技のルールさっぱりわからん。競技すら知らない主人公がいきなり参戦して、無敗の女王と互角に戦ってしまうとか、強豪校だったのに2年で部活すらなくなってるとか、設定ガバガバ過ぎませんか?

 

「盾の勇者の成り上がり」

あー、また異世界行っちゃったかー。そしてステータス画面出ちゃったかー。あー、はいはい。もうこういうのいいです。異世界行って喜んでるけど、ウォシュレットもない所に行って喜べないよ、普通。まあ、これまでの異世界転生ものと違うのは主人公が弱いって所だね。でもハーレム作っちゃいそう。今後も全く期待しないでおきます。

 

「エガオノダイカ」

遠い星のSFロボ物。1話は姫様の紹介みたいな感じで終わってしまった。掴みとしてはイマイチ。戦争物っぽいけど、どうなんだろう?何とも言えない微妙な感じ。

 

「ガーリー・エアフォース」

戦闘機×美少女のSF物。突如現れた飛翔体「ザイ」。それは、既存の軍用機をはるかに凌駕する戦闘力を有しており、各地に被害をもたらした。ザイに対抗するため生み出されたのが美少女の姿をしたアニマという操縦機構って事らしい。空を題材にした「蒼き鋼のアルペジオ」みたいなものだけど1話は正直微妙、後半は説明ばっかり。説明ってのは話の流れで行ってこそ良い構成と言えるのに。あと、美少女と謳ってる割には1話から作画微妙だったぞ。

 

 「バーチャルさんはみている」

VTuberのアニメ。アニメというか、VTuberを使ったバラエティ番組だな。昔アイドル使って同じような番組やってたな。色んなショートコントを連発するタイプの番組。好きなVTuberが出てる人なら楽しめるでしょう。私は多分無理です。

 

「 グリムノーツ The Animation」

あれ?1話見逃したのかな?と思ってしまうほど、唐突に始まり世界観の説明もない。説明ないのに専門用語を並べたててる、最悪だ。グリム童話の世界で主人公達が戦う話・・・なんだろうチープな感じしかしない。童話の人達が沢山出てくる・・・「メルヘン・メドヘン」・・・あっ。

 

「BanG Dream! 2nd Season」

1期はキラキラ星で挫折して、それ以降見てません。あのキラキラ星は、見てて恥ずかしくて鳥肌が立った。今度はCGアニメになったのね。ライブシーン多めに作るなら、CGの方が楽だしね。1話は、なんかストーリー全然なくて、バンドのライブPVがひたすら流れてるだけって印象。ファンには最高なのかもしれないが・・・・全く面白さは感じなかった。

 

「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」

マーメイドの話。なんだろう、1話見たけど都会っ子が田舎に来て何も起こらなかったような・・・。日常系か?それにしてはギャグもなかったような・・・。もっのすごくスローな立ち上がり。

 

 

「3D彼女 リアルガール」は2期1話かと思ったけど、普通に続きの13話だったので、この中には含めません。