てんてこまいまい

大人が楽しめる本当に面白い上質なアニメをまとめるサイト

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」5話感想

f:id:wossan68:20190123152402p:plain

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

どうも、みすたをです。

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」5話感想です。

乙女度全開なかぐや様が見られ、白銀と藤原書記の特訓も見られる。そして最後はラブコメの波動を感じずにはいられない第5話。

 

kaguya.love

 

目次 

 

 

アバン~オープニング

夏服キターーーーーーーーー!

そして、藤原書記の胸を凝視するかぐや様。

目が、目が怖すぎます。

相変わらずの格差社会で、ここだけはどうやっても本日の勝敗「かぐやの敗北」としかならない。

 

 

5-1:かぐや様はこなしたい

f:id:wossan68:20190404174346j:plain

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

柏木から円満に彼氏と別れる方法の恋愛相談を受けるかぐや。予想を超えた相談内容に付き合った事が無いかぐやは、四宮の人間が一度引き受けた以上乗り切ると決心する。勢いで付き合い始めてどうしていいか分からず前より距離ができてしまい相手に申し訳ないと言う柏木。

かぐやは相手の好きな所を認識するといいと言い、白銀を想像して好きな所を述べてしまい、自分の話ではないと慌てる。どう考えてもかぐやが好きな人の話をしてるとしか思えない柏木。そこに藤原が恋バナはラブ探偵チカに任せて下さいと現れる。

藤原は相手の男性が他の女性と居る所を想像させ、嫉妬がある分愛もあると説く。相手に好意を持っていると理解した柏木。場が纏まりつつある状況に、自分が的確な助言をしていない事に焦るかぐやは、共通の強大な敵が愛を深めると助言する。藤原はこの社会こそ強大な敵だと柏木を煽り、柏木は腐敗した社会に叛逆すると意気揚々と生徒会室を出ていく。かぐやはスケールが大きくなり過ぎた話に困惑する。

後日、柏木と彼氏は前から興味のあった募金運動を行う。その活動を手伝う白銀を見たかぐやは白銀に惚れ直す。

本日の勝敗:かぐやの負け。

 

感想: 

壁ダァン!の後日ダァン!

「あー、わたし後2,3段階手前の相談だと思ってました」これは交際経験のないかぐや様にはハードルが高い。

「まずは彼の良いところを認識する所からはじめてみては?」というかぐや様。「例えば真面目な所とか、勉強が出来る所とか、努力家な所とか、実はすっごく優しくて困ってる人をほっておけない所とか、目つきが悪い所とか」あー、もう完全に会長の事言ってるし。目つきが悪いのは欠点じゃないかと柏木さんに指摘され、「違うのぉ、目付き悪いのを気にしてる所が可愛いのぉ・・・うぐぅ」なんだこの可愛い生き物。本音駄々漏れ。乙女になった時のかぐや様の声はホントに可愛い。

「良いところを見つけて、気付いたらその人から目が離せなくなっていて、毎日見てるとどんどん好きになっていっちゃうもの」完全に恋する乙女になっとる。もう告白しちゃえよ、かわいいなー。「と、知り合いが言ってました!私の話じゃないですよー」って遅すぎるフォロー。

ラブ探偵チカでたーーーー!これが3話EDのやつか!

「その人が他の女の人とイチャコラしてるの想像してみて下さい」。柏木さんのモヤに対して、かぐや様のムカムカムカが凄い。そしてかぐや様の闇落ち。

強大な敵のアドバイスをするかぐや様。「強大な敵はいます!それは・・・この社会です!」と藤原書記。えーーーーー!そんな大きな話だったの、これ?柏木さん納得しちゃってるし。柏木・ビ・ブリタニアが命じそうだけど大丈夫?

募金活動を手伝う会長。「そういうところですよ」とかぐや様。おいおいおい、なんかすげーいい話になっちゃてるじゃねーか!

そして、また悲しんでる子が一人・・・。

 

  

5-2:白銀御行は見せつけたい

f:id:wossan68:20190404174405j:plain

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

身体能力はあるがセンスが絶望的に無く運動音痴な白銀は、自らのステータスを守るため来週のバレーの授業に向け一人体育館で特訓を行っている所を藤原に見られてしまう。教えましょうか?と普通にサーブをしてみせる藤原に驚く白銀は、藤原に教えを乞う事にする。

白銀の運動センスの無さに驚く藤原は、ボールを打つ時は目を開けろと教え、特訓の日々が始まる。そしてやっとサーブが打てるようになった白銀は、次はトスとレシーブだと言い特訓に付き合い疲れ果てた藤原を絶望させる。

一週間後、バレーの授業で活躍する白銀。そんな白銀を見るボロボロになった藤原は「あの子私が育てたんですよ」とかぐやに告げる。 

本日の勝敗:白銀&藤原の勝利。 

 

感想:  

サーブを打つも頭を殴ってしまう白銀。いやいや、そうはならんだろ。どうやるんだ?それ。逆に難しくないか?

藤原が軽く打ったサーブを見た白銀「すげーーー!なんて洗練されたサーブなんだ!」。基準ひっく、会長の基準ひっく。今の子供でもできるじゃねーか。「どりゃっさー」ってドヤる藤原がかわいい。「会長?人に教えを乞う時はどんな態度が適切ですかねー?」って黒い、黒いぞ藤原書記!かわいいけど。

「開いてない、開いてないんです」やっば、この藤原書記めちゃくちゃかわいいぞ。「イップスってやつか!」「おこがましい!」

イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。 本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

Wikipediaより引用

藤原書記は恋愛脳であの生徒会室に居るのに会長とかぐや様には気が付かないのか?

華麗にバレーをする白銀。そして藤原の「あの子、私が育てたんですよ」(笑)。

 

 

5-3:かぐや様は差されたい

f:id:wossan68:20190404174421j:plain

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

雨の放課後。送迎の車がパンクしたため歩きで帰るというかぐやは、夏休み前に他の人に対しての牽制(マーキング)の意味がある相合傘を狙っていた。学校の昇降口に立つ白銀とかぐや。二人は同時に「傘を忘れた」と言ってしまう。

お互いに相手が折り畳み傘を持っていると分かっている二人は、今から傘があったと言う事は意味深な嘘となるため、相手の嘘を暴く作戦に出る。雨が降った日に限り、車がパンクし傘を忘れるといった偶然が重なるのはおかしいと先に攻撃を仕掛ける白銀だったが、情報不足の為かぐやの嘘を暴くに至らない。

白銀の自転車が無い事から、白銀が天気予報を見て電車で登校したと論破し、今一度かばんの中を調べるように促すかぐや。用意周到なかぐやは天気予報を事前に調べ、送迎の車のタイヤをパンクさせ、白銀の自転車が無い事も確認済みであった。

突然二人の元に藤原が現れ、自分の置き傘をかぐやに渡し帰っていく。あと一歩の所で計画を壊されたかぐやは、又貸しだと言って白銀に傘を渡そうとするが、白銀が半分借りると言い二人は相合傘をして帰る。

本日の勝敗:引き分け(はんぶんこ) 

 

感想: 

歩いて帰ると言うかぐや。藤原 「誘拐されません?」。まあ、かぐや様歩く身代金だしな。

相合傘ってマーキングだったのか・・・そうか?

お互いに傘を忘れたと言ってしまい、本当は傘を持ってる両者は相手の嘘を暴くバトルに突入。いやいや、なんでそうなるかなー?「あ、あったわ」の一言で済むことを、ほんと面倒くさいよね君たち。

「本当は見たんじゃないですか?天気予報」こわいこわい、かぐや様顔が怖い(笑)。なんのホラー作品ですか?これ。死人が出そうな雰囲気なんですけど。

かぐや様、相変わらず用意周到だ。タイヤパンクさせたのもかぐや様かよっ!

藤原が傘を持ってきてからのかぐや様、傘バタバタさせながら「もーあと一歩だったのにっ」ってかわいい。そして藤原書記最強説は正しかった。天然なのか狙ってるのか?「あげます。この傘は会長にあげます、好きにして下さい、はい」かぐや様なんて投げやりな。

最後相合傘してラブコメの波動を感じる。なんかとてもいい感じで終わってるぞ。

 

 

最後に

いやー、第5話も面白かった。

今週もかぐや様の破壊力は抜群!

そして負けずとも劣らない藤原書記のかわいさも堪能できました。

なんか結局最後はいい話になってて、これぞラブコメって感じだね。